個人情報保護方針Privacy policy

一般財団法人 視覚健康財団では、個人情報の適切な保護、管理の重要性を強く認識した上で事業を遂行しています。ここでは当財団がどのようにして個人情報を保護、管理しているかについてご説明いたします。

個人情報の取り扱いについて

  1. 個人情報は、当財団の事業目的を達成する範囲内で、適法かつ公正な手段によって収集・利用・管理いたします。

  2. 個人情報への不当なアクセス、または、個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等の危険に対して、技術面及び組織面において合理的な安全対策を行います。

個人情報の利用について

  1. 個人情報の利用は、具体的な業務に応じて権限を有する者が、業務上必要な範囲内で行います。

個人情報の第三者への開示・提供について

  1. 当財団では、ご本人、もしくはそのご家族から同意をいただいた場合、及び法令に基づき司法機関、行政機関等から法的義務を伴う要請を受けたときなど、正当な事由がある場合を除き、ご提供いただいた個人情報を第三者に開示、預託、提供いたしません。

  2. ご本人、もしくはそのご家族のご同意をいただいた場合、及び正当な事由がある場合でも、第三者に個人情報を開示、預託、及び提供するときは、当該第三者と個人情報の保護に関する取り決めを行い、個人情報保護に万全を期すよう努めます。

  3. 当財団の業務に必要な範囲で、収集した個人情報を集計、分析し、集計結果を第三者へ開示することがありますが、特定の個人を特定できる形で情報を開示することはありません。

個人情報保護方針の変更について

個人情報保護方針は、技術の進歩やセキュリティリスクの度合いによって、柔軟に変わるべきものとされています。当財団の個人情報保護方針の内容も、状況に応じて、随時、改訂見直しがされていきます。個人情報保護方針が改訂された際には、当財団ホームページにて掲示いたします。